広告
広告

Data

2018.3.21

75歳以上、初めて高齢者全体の半数を超える 総務省人口推計


富士山と住宅街《富士吉田市》

総務省は20日、今年3月1日現在の最新の人口推計(概算値)を公表した。75歳以上の人口は1770万人で、65歳以上の人口の50.1%を占めた。75歳以上が高齢者全体の半数を上回るのは今回が初めて。
 
人口推計(2018年3月20日公表)
 
推計の結果をみると、75歳以上の男性は693万人、女性は1077万人。このうち85歳以上は、男性が173万人、女性が387万人だった。日本の総人口は1億2652万人。前年の同月から23万人(0.18%)減少している。75歳以上が総人口に占める割合は14.0%、85歳以上が占める割合は4.4%だった。
 
団塊の世代の高齢化が進むことなどから、75歳以上が増えていくトレンドは今後も続く見通し。介護のニーズも拡大し、給付費はさらに膨張していくとみられている。
 
内閣府の2017年版の「高齢社会白書」によると、65歳から74歳で要支援の認定を受けた人は1.4%、要介護の認定を受けた人は3.0%。これが75歳以上になると、要支援が9.0%、要介護が23.5%と大幅に上昇する(それぞれ2014年度のデータ)。政府は介護予防やサービスの充実、担い手の確保、生産性の向上に注力する方針。認知症の人も増えていくと見込んでおり、地域で見守るネットワークづくりも大きな課題と位置付けている。

広告
広告