広告
広告

News

2018.3.15

1万3288人の社会福祉士が誕生! 合格率は過去3位 10年ぶりの30%台


満開の桜と青空

厚生労働省は15日、今年度の社会福祉士国家試験(第30回)の結果を公式サイトで公表した。
 
第30回社会福祉士国家試験合格発表
 
受験した4万3937人のうち1万3288人が合格。合格率は前年度比4.4ポイント増の30.2%だった。2002年度の31.4%、2007年度の30.6%に次いで過去3番目に高い水準。合格率が30%台となったのは2007年度以来10年ぶり。
 
合格者の内訳をみると、男性が4647人(35.0%)、女性が8641人(65.0%)。福祉系大学などの卒業者が7618人(57.3%)、養成施設の卒業者が5670人(42.7%)となっている。
 
過去30回を全てあわせると、受験者数は83万657人、合格者数は22万9515人、合格率は27.6%。
 

 精神保健福祉士、合格率は62.9%

 
今年度の精神保健福祉士国家試験(第20回)の合格者も15日に発表された。合格したのは6992人の受験者のうち4399人。合格率は前年度より0.9ポイント高い62.9%で、5年連続の上昇となっている。
 
第20回精神保健福祉士国家試験合格発表
 
合格者のうち男性は33.8%、女性は66.2%。保健福祉系大学などを卒業した人が38.6%、養成施設を卒業した人が61.4%となっている。

広告
広告