広告
広告

Report

2018.1.31

おむつをそのまま下水に 国交省、介護負担軽減へ検討開始 「新しい世界を開く」

 


《 31日の有識者会議 》

国土交通省は1月31日、紙おむつを下水道に直接流す仕組みを考える有識者会議の初会合を開いた。介護や子育ての負担軽減が狙い。向こう5年程度で具体的な構想をまとめ、早期の実現に向けて自治体や企業に働きかけていく方針だ。
 
下水道への紙オムツ受入実現に向けた検討会
 
国交省が現時点で提示している案の1つは、便器とは別にトイレに設置する専用の投入口へ使用後の紙おむつを捨てる方法。生ごみを粉砕するディスポーザーの技術を応用した分解装置を使い、途中でつまったり溜まったりしないように処理する仕組みだ。ディスポーザーによる処理の後は、通常の下水ルートにのって終末処理場まで送られていく。
 
国交省は有識者会議でインフラの技術的な課題を整理する。企業の協力を得つつ、好ましいおむつの素材や分解装置のあり方も話し合っていく。環境・農業への影響や不適切な使用を防ぐ対策、整備に不可欠な費用なども俎上に載せる。実証実験も行いながらより良い方策を見出していく。
 
有識者会議の座長に就いた日本大学生産工学部の森田弘昭教授は、「より簡単なおむつ処理のニーズはとても高い」と指摘。「実現するためにどんな問題があるのか、議論を重ねて新しい世界を開いていきたい」と意欲をみせた。

広告
広告